顕微授精の流れ|笠間市の産婦人科・美容診療|根本産婦人科医院顕微授精の流れ|笠間市の産婦人科・美容診療|根本産婦人科医院

ブログ BLOG

顕微授精の流れ

STEP1

卵巣刺激

STEP2

採卵

STEP3

受精

STEP4

胚培養

STEP5

胚凍結

STEP6

胚移植

STEP1 卵巣刺激
排卵誘発剤を用いて卵巣を刺激し、卵胞数を増加させます。完全自然(無刺激法)、マイルド法(低刺激法)、高刺激法があり、身体面や経済面での負担、妊娠率などそれぞれ異なります。
STEP2 採卵
卵巣刺激後は経膣超音波で卵胞を確認し、採卵針で刺して卵胞内の卵子を採取します。患者様負担が少なくなるよう、痛みに配慮した採卵を心がけております。静脈麻酔を使用するため痛みはほとんどありません。
STEP3 受精
採取した精子から運動良好な個体を選別し、ガラス針を用いて精子1匹を卵子へ注入します。当院では顕微授精の際にPIEZO法を導入しており、卵子へのダメージを抑えた受精を可能とします。
STEP4 胚培養
受精後の胚は1週間ほど培養されます。適切な培養設備、条件を徹底させており、管理された環境下で培養を行います。
STEP5 胚凍結
受精後、分割した胚は凍結保存し、次周期により着床しやすい環境で胚移植をします。採卵時には数個の卵子を取得できることが多く、胚移植で使用しなかった残りの胚は凍結保存します。再度体外授精を行う際に採卵する必要がなくなるため、身体面・経済面で負担が少なくなります。
STEP6 胚移植
胚培養後はカテーテルを用いて、胚を子宮内へ送ります。一度の移植で原則1つの胚を子宮に戻します。痛みはほぼないため、基本的に麻酔は行いません。