HOME >> ママになる方へ > 妊婦健診

健診時に、超音波検査・(内診)・尿検査・体重測定・血圧測定を行います。
診察時には着脱しやすい服装をおすすめします。
内診台にて超音波検査を行ったり、腹部計測を行います。



診察・検査&指導ワンポイントアドバイスと注意事項通院
時期
2

4

7

母子手帳交付後から、妊婦健診時に『妊婦一般健康診査受診票』を使用しますので、毎回持参してください。



  • つわりが始まります。食欲がなくても、水分補給を心がけましょう
    つわりの状態によっては、点滴をすることもあります。

  • 妊娠したことで便秘気味になります。食物繊維の多い食品を積極的に食事に取り入れましょう
    妊娠期の食事












3

8

11
  • 初期の血液検査

  • 子宮がん検診

  • クラミジア検査
    母子健康手帳手続き後に検査を行います(妊娠一般健康診査受診票1枚目から使用します)

4

12

15


  • マタニティビクスを開始することができます
  • 4ヶ月に入るとつわりが落ち着き、食欲が出てくるため、体重が増えやすくなります
    体重管理を心がけましょう
    体重管理について













5

16

19
  • 5ヶ月になると安定期に入ります。

6

20

23
  • 乳房マッサージの方法をご説明します
    出産の時まで続けましょう。
    この頃、4Dエコー希望を受け付けます
    4Dエコーについて
  • 赤ちゃんの動きが活発になり、胎動を感じ始めます。家族の方と共有しましょう。


7

24

27
  • 歯科検診を受けましょう。

8

28

31
  • 血液検査(貧血・血糖検査)
  • 聴覚が発達してくるので、ママやパパの声が赤ちゃんに届きます。声かけを!

  • 体重増加に注意し、適度な運動をしましょう
    体重管理について

  • むくみに注意

  • 時々お腹が張ることがあります。そんなときは横になって休憩を。








9

32

35
  • マザークラス(初産の方)
    予定日の1ヶ月前の第2土曜日・14時〜
    詳細はこちら
10

36

39
  • 36週頃より内診

  • 血液検査(貧血)

  • おりものの検査
  • そろそろ出産の入院準備を始めましょう

  • 子宮が大きくなり、胃が圧迫されます。そのような時は、少量の食事を数回にわけて食べるようにしましょう。
    ☆ついに出産の時期です☆

  • 腰が重苦しいことや、足の付け根が痛くなることがあります。

  • お腹の張りや痛みがでることがありますが、心配は要りません。積極的に動きましょう。!!









40

41
  • 40週過ぎよりNST検査(分娩監視装置)


普段のエコーでは分かりづらい赤ちゃんの表情など、立体的な画像を見ることができます。
おなかが大きすぎない20〜30週くらいの時期がおすすめです。
4Dエコーご希望の方は事前に予約が必要となりますので、受付スタッフまでお申し出ください。


ホーム診療案内クリニック案内ママになる方へパパになる方へ入院案内お食事不妊治療体験談